朝日新聞社広告局 The Asahi Shimbum Advertising Division

朝日新聞社広告局ウェブサイト

印刷する

AD TOPICS

iPhoneに動画広告を配信するサービス「A-CLIP」を活用した広告を掲載

2010年1月8日配信ニュースリリース

 朝日新聞東京本社(本社:東京都中央区築地5-3-2)は、新聞広告に掲載された専用の画像パターンを直接認識させることで、iPhoneに動画広告を配信するサービス「A-CLIP Ver.1.0」を活用した広告を6ページにわたり、1月8日付朝日新聞朝刊に掲載しました。「A-CLIP Ver.1.0」は、本社が株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区赤坂5-3-1 赤坂Bizタワー)とクウジット株式会社(本社:東京都港区麻布十番4-1-8 三和第一ビル3F)と共同開発したものです。

  「A-CLIP Ver.1.0」は、画像認識技術を活用したiPhoneアプリケーション「A-CLIP」(エークリップ)を通じ、新聞広告に記載された特定のマークをiPhoneの内蔵カメラで映すことによって、広告掲載商品、ブランドに関連した映像・音声コンテンツを面倒な操作なく、すぐに楽しむことができるサービスです。また、企業サイトやキャンペーンサイトへ直接リンクすることもできます。第1弾として掲載されたフォルクスワーゲン グループ ジャパンの広告ではCM動画が、クラブツーリズムの広告では旅先の風景などの動画が、映画「カールじいさんの空飛ぶ家」「Dr.パルナサスの鏡」の広告では予告編が見られます。また、紙面展開についてのインフォマーシャルが、テレビ朝日『やじうまプラス』などで放映されました。

 「A-CLIP」は、博報堂DYメディアパートナーズによる動画変換配信サービスと、クウジットが持つAR(Augmented Reality=拡張現実)技術を利用して開発されました。QRコードのように接写することなくマーク画像を読み取れるほか、iPhoneで撮影したカメラによる現実映像と、新聞広告に連動させたバーチャルな情報とを合成表示する拡張性を持っています。
将来的には電子クーポンの発行・保存や、iPhoneの位置情報に連動したサービスの提供も予定しており、生活者の行動範囲を限定せずに新聞広告とiPhoneを連動させることを可能にし、クライアントの多様なマーケティングニーズに応えるアプリケーションサービスとなります。
「A- CLIP」の「A」は、Advance(先進性)、Ad(広告)、Archive(アーカイブ)を意味しており、新聞広告の特性である一覧性・信頼性と、スマートフォンをはじめとするデジタル技術が持つ即時性・双方向性との連携、融合を意味しています。

 今後も朝日新聞社は、マスメディアとデジタルメディアの組み合わせにより、高い広告効果を期待できる手法の開発を積極的に行っていきます。

※iPhoneおよびAppstoreはApple Incの登録商標です。

2010年1月8日付 朝刊 「A-CLIP」を活用した各社の広告
2010年1月8日付朝刊 「A-CLIP」企画の告知広告 2010年1月8日付朝刊 フォルクスワーゲン グループ ジャパン
「A-CLIP」企画の告知広告 全5段 フォルクスワーゲン グループ ジャパン 全15段
2010年1月8日付朝刊 映画「Dr.パルナサスの鏡」 全5段 2010年1月8日付朝刊 クラブツーリズム 全5段
映画「Dr.パルナサスの鏡」 全5段 クラブツーリズム 全5段
■「A-CLIP ver.1.0」利用イメージ
「A-CLIP ver.1.0」利用イメージ

 

 

 

おすすめ記事
  • 第62回(2013年度)朝日広告賞 【スペシャルインタビュー】
    決定!第62回(2013年度)朝日広告賞
     [2014/07/21]


      第62回(2013年度)朝日広告賞の受賞作品が決まりました。本特集では、受賞作品の紹介、受賞者・社インタビューのほか、「一般公募の部」で審査委員を務めたタナカノリユキ氏、「広告主参加の部」の審査委員の副田高行氏に、今年の作品の傾向や次回応募するクリエーターへのアドバイスなどをお届けします。

  • 江口昌宏氏 応募の締め切り日にドラマ 「ギリギリのもう一作」に栄冠 一般公募の部 グランプリ 江口昌宏氏[2014/07/21]

     江口さんは入社2年目。電通の新人アートディレクターは営業部で研修する期間があり、グランプリを受賞した作品はちょうどその期間に制作した。「クリエーティブの現場から一歩離れたことで、気負いなく制作に臨めたのかも」と振り返る江口さん。

  • 神山浩之氏 髙橋真梨子は「高級ウイスキー」 山崎ナオコーラさんの小説連載企画に称賛 広告主参加の部 グランプリ JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント[2014/07/21]

     髙橋真梨子のデビュー40周年記念アルバム「髙橋40年」の発売に向け、昨年5月29日から6月4日にかけて5回にわたって山崎ナオコーラさんの書き下ろし小説を掲載。6月5日のアルバム発売当日の朝刊と夕刊でそれぞれ全15段広告を展開した。

マーケティング・キーワード

広告事例データベース広告事例データベース
Adobe Acrobat

PDFファイルの表示には、Adobe Reader が必要です。ダウンロード(無料)