朝日新聞社メディアビジネス部門のご案内

 朝日新聞社は2016年5月1日付で広告局を「メディアビジネス局」に改称し、部門横断の力を結集した統合営業組織「総合プロデュース室」を新設いたしました。本社は今年1月、企業理念「ともに考え、ともにつくる ~みなさまの豊かな暮らしに役立つ総合メディア企業へ」をまとめました。合わせて中期経営計画を策定し、その中で掲げた「成長事業の創出」と「経営基盤の強化」の推進態勢をつくるため、今回の組織再編を行いました。

 広告局はこれまでも、新聞広告とデジタル商品や各種イベント、出版、さらにはテレビCMなどを組み合わせ、多くの分野でクロスメディアによるコミュニケーションを実現してきました。メディアビジネス局へ改称することにより、この流れを加速し、新聞広告の営業組織から、総合メディア企業の法人営業の中核をなす組織へと機能を拡充させます。また総合プロデュース室と連携して、お客さまの抱える課題をいかに解決できるかという視点にたった「ソリューションビジネス」の推進体制を強化します。

 総合プロデュース室は、イベントを手がける企画事業本部、スポーツ事業を手がけるオリンピック パラリンピック・スポーツ戦略室、教育総合本部など法人営業に関わる各部門とメディアビジネス局の連携を図り、部門を横断した新商品の開発と統合営業を強化します。さらに編集や販売、テレビ、出版など本社・グループ企業とも連携して、グループ資産の活用を一層推進します。同室は「朝日新聞デジタル」を中心としたデジタル広告営業も担当し、メディアビジネス局との連携を強化する体制を実現します。

総合プロデュース室の業務

総合プロデュース室の業務

社内の各事業部門やメディアビジネス局と連携、部門横断型の組織として新たな商品開発を担当する。また、朝日新聞デジタルを中心としたデジタル広告の推進を担当する。

東京本社メディアビジネス局の業務

外務部門

メディアビジネス第1部

出版社の発行する書籍・雑誌の広告を中心に、映画・興行、放送、音楽・ゲームソフトなどの広告も担当。

メディアビジネス第2部

薬品、化粧品、 食品、 ファッションのほか、百貨店・専門店などの流通、生活産業、通信販売の広告を担当。

メディアビジネス第3部

情報通信・ITサービス、 自動車、 金融、 産業、官公庁、エネルギー分野などの広告を担当。

メディアビジネス第4部

航空・鉄道、旅行、ホテル・レジャー、住まい・不動産、学校などのほか、求人を中心にした案内広告、地方版広告を担当。

業務推進部

テレビやデジタルなどとのクロスメディア開発機能と、「環境」「教育」「健康」など社の重点テーマ開発機能、及び、新聞広告を制作するクリエイティブ機能を担っている。広告会社との折衝の他、社内各部門やグループ内メディア企業との窓口ともなり、新たな新聞広告商品を開発している。また、マーケティングやプランニングなどの営業支援も担当。紙面調査や市場調査などを実施し、新聞・メディアの媒体特性や広告効果の検証を行う。

内勤部門

編成管理センター

東京本社を中心に、各本社の紙面編成と掲載料金管理を一体化した運用を担っているセクション。早期に申し込まれた広告の組み込みを素早く確定する「早期確定制度(SPEED)」を効率的に運用しながら、紙面情報・営業情報を集約し、広告の申し込み受付から紙面割り付け、新聞掲載、掲載料金の請求に至るまでの業務を一元管理している。また、週末別刷り「be」、地域を限定して配布できる「エリア広告」、小さなスペースの「ユニット広告・小型広告」などの営業支援も担当し、営業各部と連携しながら、新商品・新媒体の開発を推進する。技術面でもFMスクリーンなどの開発をサポートし、紙面品質の管理・向上に取り組む。掲載広告料金の算出・請求業務や局内システムの運営なども行っている。

営業計画担当

メディアビジネス部門全体の営業政策を担当する。

広告審査部 東京審査課

広告審査部は、メディアビジネス局とは別の組織で運営しています。メディアビジネス局と連携した業務では、以下のような活動を行っています。広告掲載基準や関係諸法規などに基づき、広告掲載の可否や表示適否の判断をする。社内制作された原稿の校正作業も担当する。

大阪本社メディアビジネス局の業務

外務部門

メディアビジネス第1部

薬品、化粧品、食品、ファッション、官公庁団体、航空・運輸、通販、金融、情報・通信、不動産、エネルギーを担当する。また、広告特集を企画・制作するクリエイティブ部門を有する。

メディアビジネス第2部

百貨店・量販店などの流通業界、映画・興行、放送局、学校、ホテル、旅行、政府観光局、求人などの案内広告、臨時物広告、大阪本社版発行の地方版広告を担当する。

営業推進担当

プランニングやマーケティングなどの営業支援を担当する。

内勤部門

編成管理部

紙面編成グループ広告をSPEED申し込み制度により受け付け、紙面に組み込む。他本社広告局や編集局など社内各部門と調整・連絡をしながら最終紙面を確定していく 紙面制作グループ広告の組み込み情報を新聞製作システムに送る。カラー広告、二連版広告、別刷り掲載作業などに伴う工程各部門との折衝・調整を担当する 管理グループ掲載された広告の料金計算・請求、広告掲載統計業務などを行う。

営業計画担当

大阪本社メディアビジネス局全体の営業政策を担当する。

広告審査部 大阪審査課

広告審査部は、メディアビジネス局とは別の組織で運営される。広告掲載基準、関係諸法規などに基づき、広告掲載の可否や表示訂正の適否を判断する。社内制作された原稿の校正作業も担当する。

西部本社メディアビジネス部の業務

外務部門


福岡本部(福岡市)
外務グループ

各業種の本社所在地が山口県、福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県の広告主を担当しており、小売・薬品・化粧品・旅行・外国政府・不動産・映画・金融・ホテル・レジャー・航空・運輸・車輛・自治体・エネルギー・学校・情報通信・放送・食品・求人・地方版などあらゆる業種に対応している。また、企画広告や広告特集を制作するクリエイティブ担当が所属している。

内勤部門

紙面編成、管理グループ

広告の申し込みと広告原稿入稿を受け付け、東京本社メディアビジネス局や編集局など社内各部門と調整・連絡をしながら紙面を制作する。掲載された広告の料金計算・請求業務、庶務の全般なども行う。

広告審査部 西部審査課

広告審査部は、メディアビジネス部とは別の組織で運営される。広告掲載基準、関係諸法規などに基づき、広告掲載の可否や表示適否の判断をする。社内で制作された原稿の校正作業も担当する。

名古屋本社メディアビジネス部の業務

外務部門

外務グループ

各業種の本社所在地が愛知県、岐阜県、三重県(一部)の広告主を担当しており、小売・薬品・化粧品・旅行・外国政府・不動産・映画・金融・ホテル・レジャー・航空・運輸・車輌・自治体・エネルギー・学校・情報通信・放送・食品・求人・地方版などあらゆる業種に対応している。また、企画広告や広告特集を制作するクリエイティブ担当が所属している。

内勤部門

紙面編成、管理グループ

広告の申し込みと広告原稿入稿を受け付け、東京本社メディアビジネス局や編集局など社内各部門と調整・連絡をしながら紙面を制作する。掲載された広告の料金計算・請求業務、庶務の全般なども行う。

広告審査部 名古屋審査課

広告審査部は、メディアビジネス部とは別の組織で運営される。広告掲載基準、関係諸法規などに基づき、広告掲載の可否や表示訂正の適否を判断する。社内制作された原稿の校正作業も担当する。

北海道支社メディアビジネスチームの業務

北海道の広告主・広告会社に対し、北海道支社版や、全国紙としての特性を生かした全国マーケットへ向けた提案等、幅広い営業活動を行っている。また、企画広告制作やイベント展開等、魅力ある広告プロモーションにより、クライアントのニーズに応えている。

PAGE TOP