聞き耳情報局

電通 インターネット広告市場にプライベート・マーケットプレイスを構築へ

電通

 電通は、日本のインターネット広告市場における新たな取り組みとして、Googleの持つプレミアム広告枠が選別できるアドエクスチェンジ(※1 DoubleClick Ad Exchange)などのテクノロジーを活用し、媒体社が持つ付加価値の高い限定されたプレミアム広告枠を中心に形成するプライベート・マーケットプレイス(PMP)の構築に向けた活動を本格化させる。

 現在、インターネット広告の世界においてはRTB(Real Time Bidding)型(※2)の運用型広告が市場を席巻しつつある。一方で、市場の急速な拡大に伴い、様々な課題が顕在化してきている。PMPでは、広告主、広告会社、媒体社が、広告の掲載サイトや価格について事前に取り決めを行うことにより、広告主や媒体社が抱える課題の解消につながるという。

※1 アドエクスチェンジ:特定の広告枠のインプレッションを入札方式で売買する方式
※2 RTB(Real Time Bidding):広告枠を1インプレッションごとにリアルタイムで入札できる買い付け方式

 詳しくはこちら(電通ニュースリリース)

この記事にいいね!

電通 インターネット広告市場にプライベート・マーケットプレイスを構築へ

聞き耳情報局新着記事

PAGE TOP