聞き耳情報局

「第9回 日本マーケティング大賞」を発表

日本マーケティング協会 

 2016年度の優れたマーケティング活動を表彰する「日本マーケティング大賞」選考委員会は、「第9回日本マーケティング大賞」に、推薦プロジェクト総数189件の中から『47都道府県の一番搾り』 (キリンビール(株)) を選出、奨励賞5件、地域賞3件を選び発表した。

1.日本マーケティング大賞
日本マーケティング大賞 『47都道府県の一番搾り』 (キリンビール(株))
2.日本マーケティング大賞 奨励賞
『太陽生命の革新的商品・サービス展開』(太陽生命保険(株))
『かじることで歯の健康チェックができるデンタルりんご「Dentapple」の開発・販売』(松本りんご協会)
『日本の食で世界を変える“おにぎりアクション”』
(特定非営利活動法人 TABLE FOR TWO International)
『クリエーティブアイデア×チームビルドでドライブさせる地方創生 宮崎県小林市移住促進PRムービー
“ンダモシタン小林”』(宮崎県小林市 地方創生課)
『肢体不自由児童のために開発されたユニバーサルピアノ「Eye Play the Piano」』
(筑波大学附属桐が丘特別支援学校/FOVE)
3.日本マーケティング大賞 地域賞
『V6岡田准一を園長に起用し、ひらパーV字回復』(京阪電気鉄道(株)「ひらかたパーク」/関西地区)
『佐賀県有田焼400年事業「ARITA EPISODE2」 ~産業としての伝統工芸復活を狙え~』
(佐賀県、佐賀新聞社ほか/九州地区)
『過疎化の進行する北海道での宅配事業の成功 コープさっぽろ「トドック」』
(生活協同組合コープさっぽろ/北海道地区)

 厳しい経済環境の中でも、企業組織における新しいマーケティングやコミュケーションの手法、もしくはビジネスモデル開発を積極的に促すことで、消費者の生活の向上と経済・社会の活性化に資する活動を奨励し、マーケティングのプレステージを高めることを目的として2007年に発表、第1回は2009年より実施された。9回目となる本年は、日本の市場が成熟化する中で、成長につながる創意工夫が凝らされたプロジェクトが多くエントリー、厳選な審査の中から上記が選出された。

 5月29日(月)、アルカディア市ヶ谷(東京都千代田区九段北4-2-25)にて表彰式・贈呈式を行う。

日本マーケティング協会ウェブサイトはこちら

この記事にいいね!

「第9回 日本マーケティング大賞」を発表

聞き耳情報局新着記事

PAGE TOP