聞き耳情報局

アイデアで勝負する。朝日広告賞に立ち向かった素直な気持ちが、今の私をつくった

goen°主宰 アートディレクター 森本千絵氏
森本千絵氏

 朝日広告賞受賞者の、受賞の頃のエピソードから現在の活躍までを紹介する『Now&Then』。

 第11回は、1999年度 第48回 朝日広告賞で準グランプリを受賞した、goen°を主宰する森本千絵さん。アートディレクター、コミュニケーションディレクターとして幅広い分野で活躍している森本さんは、アイデアが評価された朝日広告賞の受賞があったからこそ、常に新しい表現をしよう、と挑戦を続けられる今の自分があるのだと語る。

森本千絵(もりもと・ちえ)

株式会社 goen°主宰 コミュニケーションディレクター・アートディレクター 武蔵野美術大学客員教授

1999年武蔵野美術大学卒業後、博報堂入社。2006年史上最年少でADC会員となる。07年goen°設立。NHK 大河ドラマ「江」、朝の連続テレビドラマ小説「てっぱん」「半分、⻘い。」のタイトルワークをはじめ、Canon、KIRINなどの企業広告、松任谷由実、Mr.Childrenのアートワーク、映画・舞台の美術、動物園や保育園の空間ディレクションなど活動は多岐にわたる。11年サントリー「歌のリレー」でADC賞グランプリ初受賞。伊丹十三賞、日本建築学会賞、日経ウーマンオブザイヤー2012など多数受賞。

続きは、朝日広告賞 『Now&Then』 Vol.11

この記事にいいね!

アイデアで勝負する。朝日広告賞に立ち向かった素直な気持ちが、今の私をつくった

聞き耳情報局新着記事

PAGE TOP