動画コミュニケーションが加速する

COVER PICK-UP ART

「Watch」 イラストレーター / アーティスト 長場 雄氏

 広告朝日28号「動画コミュニケーションが加速する」のCOVER PICK-UP ARTは、イラストレーター / アーティスト 長場 雄氏の「Watch」です。

『広告朝日』28号 表紙

 くつろぎながら、スマートフォンを見ている女の子。シンプルなイラストだが、中央に配した赤いアイコンによって、動画を視聴しているのだろうと容易に想像できる。このイラストは、イラストレーターの長場 雄さんが、今号の特集テーマに合わせて描き下した作品だ。

 「僕の絵は、線画で情報量が少なめですが、見る人の目を少しでも引くように、強く伝えたいという思いがあります。そのためにどういうモチーフを選ぶべきかは、常に意識していることの一つです。今回は『動画』というテーマだったので、視聴体験のモチーフとして強い、再生マークのアイコンを入れることにしました」

 手描きによるゆるやかなタッチは、カジュアルでファッショナブル。ミニマルな表現だが、描かれる人物は都会のどこかで暮らしていそうなリアリティーがあることも魅力の一つだ。見た瞬間、長場さんの作品だと分かる。そんな独自の世界観は、2014年に確立した。

 「実在する人やキャラクターを表現するときは、自分の中で抽象化したときに何が残るか考える。それを抜き出して描くと、特徴をつかむことができます。大切にしているのは、見る人が自然体で見られるように、シリアスになりすぎず、抜け感があることです」

 現在の活躍は、個展の開催がきっかけとなった。2014年の個展開催後、マガジンハウスの雑誌「POPEYE」の編集部から連絡があり、表紙に長場さんの絵が使われることになったのだ。それを機に「長場 雄」の名前が広まり、活動の場が増えることとなった。アーティストとして作品を制作することは継続して行っており、2019年12月には香港で個展『MEET YU NAGABA GALLERY – I’M YOUR VENUS』を開催した。

ロングインタビューはこちら

クリエーターインタビュー
好きなものから探究 ミニマルでファッショナブルなタッチのイラスト
イラストレーター/アーティスト 長場 雄氏

この記事にいいね!

COVER PICK-UP ART

スペシャルインタビュー新着記事

PAGE TOP